東京の和菓子

東京の和菓子

東京の和菓子と言えば、代表的なのが浅草の人形焼でしょう。
他にも最中や大福、たい焼き、芋ようかん、など色々とあります。
和菓子と言うと、京都や金沢などが有名ですが、東京にも有名な和菓子はあるのです。
最中、大福、芋ようかん、たい焼きと言って、想像できるのが「大衆的な和菓子」です。
京都の和菓子は雰囲気的に「上品な和菓子」と言うイメージがありますが、東京の和菓子は「万人が食する和菓子」と言うイメージだと思います。
しかし、東京には全国各地のお菓子が揃っているので、何でも買うことができます。
どれが純粋な東京の和菓子なのかわからなくなります。
東京の和菓子だと思っていた「名菓 ひよこ」も福岡の和菓子と聞いて、驚いた人も多いと思います。
たい焼きは「浪花家」が有名ですね。
ここのご主人は有名な「およげたいやきくん」のモデルとなった方です。
あんこが全体的に行き渡っていて、尻尾の先までびっしり入っています。
皮がパリッとしていてとてもおいしいです。
行列の出来るお店としても有名です。
芋ようかんで有名なのは「舟和」でしょう。
舟和は、ほとんどのデパートに出店しているので、どこでも買うことができます。
日持ちはしないので、お土産などには不向きかもしれませんが、人気は未だに衰えることはありません。

そして人形焼ですが、昔は七福神や文楽人形の形をしたものが主なものでしたが、最近ではサザエさんやミッキーマウスの形をしたものがあるので、子供にも人気になってきています。